マナー教室

皆さんは訪問の時の手土産はいつ渡されていますか?

1、お邪魔してすぐ玄関先で。
2、お部屋に通されてからお茶を飲む前に。
3、お茶を頂いてから。

人生で何度も訪問はしていても、正式にはどのタイミングでお渡しするのがマナーとして良いのか迷いますよね。

昨日は伊勢神宮や皇室で使われる伊勢流の礼法を現代の生活でも使えるようにして33年教えていらっしゃる、伊勢豊流礼法の豊田尚子(とよだひさこ)先生にお越し頂きマナー教室を開催しました。



マナーとは相手に対する思いやりで、相手の方に気持ちよく過ごして頂くための礼法です。

ビジネスの世界でも一流のマナーを身に付けている方とそうでない方とでは収入に大きく差が生まれると言われています。

日本の文化を知り、生活に季節を織り込んでいくというのも尚子先生の教えです。大人の女性の立居振舞いができるようにこれからじっくり学んでいきたいと思います。



尚子先生がお持ちくださった季節の落雁(らくがん)です。季節らしいおもてなしですね。とひと言お伝えするのも本日教えて頂いたマナーでした。

そして最初の訪問時に手土産を渡すタイミングは2、のお部屋に通されてからお茶を飲む前に風呂敷や袋から出し、決してつまらないものですがとは言わずお渡しするのが正解でした。
?Gg[???ubN}[N??